1日1%成長するブログ

毎日成長するために仕事/プライベートで得た学びをアウトプットするブログです

毎日の仕事を楽しむためのモチベーションマネジメント

仕事って人生の大半の時間を占めてるわけですが、なかなか楽しむのって難しいですよねー。 締め切りに間に合わせることに必死で、楽しむ余裕なんてないやい!って状態に陥ることよくあります。

でもどうせなら日々の仕事を楽しみたい!という訳でどうすればいいのか考えてみました。

仕事が楽しいってどういうこと?

楽しい仕事っていうのはモチベーションが上がる仕事だと思うんですよ。

www.amazon.co.jp

モチベーションの定義はこちらの本の言葉を借りると、 「目標の魅力」✖︎ 「達成の可能性」なんですね。

この2つの変数がより高くなればなるほど、モチベーションが上がる。楽しい仕事だというわけです。

目標の魅力を高めるには?

報酬といっても、お金に限った話じゃないです。 例えば仕事を部下に依頼する時に、仕事に対する期待を明確に伝えることも報酬を高めることに繋がります。 どうでもいいと思われてる仕事よりも難易度が高くても期待されている仕事の方が嬉しいし、やる気が出るじゃないですか。

こういう目の前の仕事の上位にある「なぜやるのか?」を伝えることをラダー効果と呼びます。

www.genkipolitan.com

達成の可能性を高めるってどういうこと?

つまり簡単に達成できそうだなぁと感じられるほど、やる気がでるってことです。 宝くじ1億円が1000万人に1人だったら、買う気しないけど、100人に1人だったら即買いたくなるのと同じです。

1. 今日やる仕事のゴールを設定する

2. 仕事のステップを漏れなく分割する

3. それぞれかかる時間を見積もる

4. 着手して難しそうだったら優先度を考えてマイルストーンを調整する

1-3を朝に行い、着手してからはゴールを意識しながらマイルストーンを調整することで達成の可能性を高めることができます。

まとめ

前述したマイルストーンの設定の上、さらに「なぜこの仕事をやるのか?」の仮説を思考するようにしましょう。

一言で書くよりも、「xxxな人にとってxxxがxxxの理由で不便だったため、これで改善されると、業務が改善されて使える時間が増える」からなように文章ベースで具体的に考えると思考が深まります。可能ならこの仮説を人にぶつけて精度を高めていきましょう。