1日1%成長するブログ

毎日成長するために仕事/プライベートで得た学びをアウトプットするブログです

ソフトウェアエンジニアが価値を出すためには毎日どうやって過ごせばよいのか?

f:id:masaru_furuya:20170921201744j:plain

最近仕事をいかに楽しむか?をテーマに色々考えてます。もうかれこれ6年近くエンジニアをしてきているので、ただコードを書くことだけに楽しさを感じられなくなってきたんですよ。

特にフリーランスをやっていると、基本的には手離れの良い作業系の仕事が任されることが多いので自分で仕事を楽しくする工夫を考えるのは必須だと思ってます。

楽しい = 価値を出しているという仮説

価値を出すためには、言われたことだけやってるだけじゃダメなんですよね。それならコードを自動で書いてくれる機械でもあったら、それでいい。

顧客に価値を出すために自分からガツガツ行動しないといけない。 自分で主体的に考えて行動するってこと自体、やりがいがあって楽しいんですよね。

だから結果的に楽しい = 価値を出している状態なんだと思ってます。

そもそも価値って何?

ではそもそも価値って何でしょうか?

自分は価値とは何かの課題を解決することと定義しています。

また価値の種類にはプロフィットコストの二つがあります。 利益を生むものと、時間・費用といったコストを削減するものです。

セールスの新規顧客獲得はプロフィット面の価値、エンジニアの業務効率化ツールの開発はコスト面の価値と言い換えることが出来ます。

価値を出すとは?

価値を出すとは、自分ではなく他人の課題を解決することです。

自分の場合は価値を感じると表現しますよね? それは人やサービスに価値を出してもらった結果というわけです。

なので、価値を出すには相手の課題解決がありきだという前提があります。

ここが理解できておらず、自分は何でこんなに頑張っているのに評価が低いんだ…と嘆いている人は他人の課題をどれだけ解決して価値を出しているのかを省みた方がいいです。

まあ自分も人のこと偉そうに言えないから、この記事を書いて自念しているのですが笑

価値の総量を意識する

価値の総量 = 頻度 ✖️ 大きさ

その人が出している価値には総量があって積み重なっていくものだと思います。 言い換えると信頼残高と言えるかもしれません。

例えば新入社員やインターンが雑務を任されるのは、この頻度を増やすためです。

新人がいきなり大きな価値を生むことは出来ないので、いろんな人の小さな課題解決を積み重ねていくことで価値の総量を増やしていくというわけです。

価値の頻度を高めるには?

ここがエンジニアにとって重要だと思ってます。何故ならエンジニアの仕事はすぐに価値を出せる性質のものじゃないからです。

開発に1か月、成果測定に1か月…と結果が出るまで数ヶ月かかることも珍しくありません。なので、日頃の細かいことで価値を出していくのが大事なのだと思います。

例えば、

  • 開発スピードを上げて、1日に何個も重要なタスクのプルリクエストを出す

  • ミーティングでは事前に内容を把握し着地点を考えておきそのためのファシリテーションを行う

  • 開発メンバーで困っている人がいたら積極的にフォローする

  • 職場の近くの美味しいお店をサーチしてメンバーに共有する

  • 飲み会を企画して他チームとのコミュニケーションの場を作る

  • 他チームに課題ヒアリングしてすぐに解決できることは対応する

とかetc

開発に限らず、複数アイデアは考えられると思います。 自分は現在進行形でここは課題に感じている所なので、改善していこうと思っています。

価値の大きさを高めるには?

価値の大きさを高めることは以下の2つの方向性に分類できると思っています。

  1. 自分で仕事の価値の大きさを高める

  2. 価値の頻度を高め、価値が大きい仕事を任せてもらいやすい状況を作る

1は一見つまらなそうな仕事でもその背景を知り、価値を出すために能動的に行動していくことです。開発の仕事でもこの開発はどんな価値を提供するのか?を常に意識するのは重要なのと同じです。

そして長期的に見て非常に効果が高いのは2です。価値の頻度を高める過程で自分を評価してくれる人は必然的に増えるので、結果的に大きい仕事を任せてもらいやすくなります。

今日の1%

自分で価値を高めること以上に価値を出す頻度を増やすことが重要。 そのために開発以外の領域でも幅広く価値を出して、大きな仕事のチャンスを得られるようにする。